カテゴリー

上海に住んでました。 アーカイブ - モバイルプロデュースオフィス株式会社

上海に行って感じたことを書きます。

#7 ケータイ唱歌、日本人が銀聯カードでケータイを買う。
中国人風ショッピング

#7 ケータイ唱歌、日本人が銀聯カードでケータイを買う。

 携帯がヤバい。  香港の3G携帯を15,000円で購入してはや三年、俺の携帯も人間よろしく老いが目立つようになってきた。体力(バッテリー)は持たず、記憶力(メモリ)は常に満杯で、100均で買った保護フィルムはとうの昔に剥がれ落ち、顔(画面)には皺ならぬヒビが縦横無尽に走っている。ほうれい線どころじゃないですよ奥さん。...
#6 50度の世界
南方?北方?

#6 50度の世界

 「何で南方人を選ばないんだ、北方人と付き合ったらな…。ちょっと待ってろ」  友人がおもむろに席を立ち、奥の店員へ何か注文している。しばらくすると、店員が詰め替え用洗剤が入っていそうな、赤いラベルが貼られた白いボトルを持ってきた。この安っぽいボトルには見覚えがある。見てくれのチープさに騙されてはいけない。日中国交正常化...
#5 ロブスターの日
ザリガニ料理

#5 ロブスターの日

 春は曙、やうやう白くなりゆく山際、春と言えば出会いの季節、恋の季節、そして、  ザリガニの季節だ。  そんなわけで、揚州から帰ってきた俺は、さっそく以前一緒に車を買いに行った友人とともに、新鮮なザリガニを食べるべく江蘇省のとある田舎町までやってきた。  日本ではすでに昔話となっている、食材としてのザリガニ。 イナゴ、...
揚州炒飯
B級グルメの旅

#4 孤高のグルメ(後編)

ああ・・・ひょっとして、揚州炒飯をお探しですか?  良かったらご案内しましょうか。いえね、私もあの店に行く途中なんですよ・・・。    揚州市は東関街(ショウシーフー)近くのこのあたりは古くからの城下町。そしてこの路地を曲がった先のほら、あそこ、あそこがお探しの揚州炒飯店。なんとも目立たない・・・ということも...
江蘇省ラーメン
B級グルメの旅

#3 孤高のグルメ(前編)

 また、この店に来てしまったーー。  「いらっひゃい。なんにしまひょ」  ビニールを張っただけの屋根の下に並ぶ木製の古びた丸椅子に座ると、齢70は超えているであろうおばあちゃんが注文を取りに来た。ラーメン3.5元、ゆで卵1.5元、豆乳1元、油条(中華揚げパン)1元。占めて7元、日本円に直すと約120円だ。福岡では辛うじ...
#2 自動車唱歌
車事情

#2 自動車唱歌

こんにちは。 セルジオ筑後です。  自転車が車に取って代わってはや幾年、中国人の足は自転車からもはや車に変わりつつあるーー ここは江蘇省郊外のとある街、友人が今乗っているハッチバックから他の新車に買い換えるということで、上海から友人を訪ねた俺は彼のご家族御一行とともにディーラー店の集中する地区へとやってきた。  だだっ...
上海の街並み1
上海に住んでいました

#1 お財布スマホで唐揚げを

初めまして。 セルジオ筑後です。 皆さんは、中国と言えば何を連想するだろうか? 石造りの家に人民服、朝は肉まん夜はチャーハン、ボロボロのお札で豆乳を買い、白い息を吐きながら日々労働に勤しむ・・・  そう考えていた時代も、僕にはありました。  人は愛で動き、世界はカネで動く。90年代の改革開放に端を発した経済成長は、中国...