カテゴリー

1日10分間のEC分析−Googleアナリティクスで売上に貢献してくれた最初の流入元を知る

1日10分間のEC分析−Googleアナリティクスで売上に貢献してくれた最初の流入元を知る

1日10分間でやれるECサイトを分析する方法をお伝えします。今回はGoogleアナリティクスを活用して「売上に貢献してくれた最初の流入元」を知る方法です。

Googleアナリティクスのチャネルで表示される「収益」は購入直前にどのチャネルから来たのかということを示しています。

左メニューの「集客」から「すべてのトラフィック > チャネル」へ

Googleアナリティクスの集客
収益はデフォルトは消費税込みの売上を示します。
例えば、最初にGoogle検索結果(Organic Search)からサイトにアクセスして、その後そのサイトのLINEに登録したとします。
LINEでお得なクーポンが配信されてそこから最終的に購入した場合はLINEの収益として表示されます。
 
「参照元/メディア」では流入元を細かく絞り込めます。
「参照元/メディア」では流入元を細かく絞り込めます。
収益やトランザクションが少ないチャネルや参照元を見てすぐに「売上への貢献度が低い」と判断してはいけません。
先ほどの例のように、直前のチャネルは売上に入ってもサイトにアクセスしたきっかけとなる最初の流入元を軽んじてはいけません。
そこで、今回は売上に繋がった最初の流入元の成果を調べる方法をお伝えします。これを知れば効率よく集客元に力を入れることができます。現場スタッフの業務効率化広告出稿先を見直すきっかけにも繋がります。

 

Googleアナリティクスの左メニューの「コンバージョン」からアトリビューション > モデル比較ツール」へ

アトリビューション=貢献
アトリビューション=貢献

目標を外してeコマースのみに変更して下さい

eコマースのみチェックを入れる
eコマースのみチェックを入れる

「起点」が最初の流入元となります。

私は起点、線形、終点を入れるようにしています。
私は起点、線形、終点を入れるようにしています。
Googleアナリティクスで売上に繋がった最初の流入元を探そう。
Googleアナリティクスで売上に繋がった最初の流入元を探そう。

ここで結果が表示されます。 「起点」で表示されるコンバージョン数が最初の流入元による注文数です。 売上を伸ばすためにメルマガやLINE、広告、SEO対策を実施しますが、施策に対して集客での収益が低い場合はすぐに悪いと決めつけるのではなく、 起点のコンバージョン数を確認してみて下さい。